2016年04月25日

被災従業員の休業補償を考える

平成28年(2016年)熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

会社が直接被災したことにより事業の休止を余儀なくされた場合、会社は従業員に対して休業手当等を支払う必要はありませんが、それでは従業員は生活していけません。

社長としては、少しでも払ってあげたいのはやまやまでしょうが、現金があるからと、ここで資金を放出してしまっていいのか?思い悩まれることと思います。
事業を再開し、未来へつなげていくためには、やはり資金が必要になります。
東日本大震災のときは、再起をあきらめ、手持ち資金を従業員に分配してしまって廃業した会社もあったと聞きます。

従業員の生活を守るためには、雇用保険の特例を使うという手があります。
直接被災企業の従業員は、一時的に離職することにより失業給付を受けることができます。

厚生労働省:地震により休業している事業主・労働者の皆様へ

通常、雇用保険では、離職した人が再び同じ会社で働くことが見込まれる場合は失業給付は受けられませんが、「会社が再開したら戻ってきてくれ」と約束しておいても失業給付が受けられるという特例措置です。

最寄のハローワークにご相談ください。


東日本大震災のときは、一時的な離職ではなく「休業を余儀なくされ、賃金を受けることができない方」も特例対象でした。

厚生労働省:東日本大震災に伴う雇用保険失業給付の特例措置について

さらに、個別延長給付の特例が適用され、失業給付を受けられる期間が最大120日延長されました。

厚生労働省:平成23年 職発0502第6号

これらの措置は、「直接被災した」や「災害救助法指定地域」がキーになります。
では、被災地域の経済活動が止まったことにより間接的に休業を余儀なくされた場合はどうしたらよいでしょう。

間接的な休業では、会社は休業手当を支払う必要があります。
熊本で起きた地震で愛知県の自動車工場が休業し、その下請企業も休業し、そこに派遣している派遣会社は派遣スタッフを休業させたら休業手当を支払う義務がある、というわけです。
使用者の責に帰すべき事由

間接被害にあった企業が「特例措置があるから」と、従業員を間違って解雇でもしようものなら、向こう半年間は多くの雇用関係助成金が受けられなくなりますのでご注意ください。

こういった場合は「雇用調整助成金」が頼りになります。

リーマンショック直後、愛知労働局あいち雇用助成室に相談に行ったら担当官は一人しかおらず、「派遣会社は対象にならんよ」と、にべも無く追い返されました。
その後「派遣切り」が大々的に報じられるようになると、一転、派遣会社もウェルカムになり、助成金の受付スペースが拡大し、担当官が10人以上になり、まるで病院か銀行の待合のように整理券発券機まで導入され、労働局のホームページには申請書の作り方動画までアップされるようになりました。

確かに、雇用調整助成金は助かりました。
当時、中小企業向けは「中小企業緊急雇用安定助成金」という名称で、休業手当相当の4/5が助成されました。(現在は2/3)
当社のある岡崎市のお隣の豊田市・安城市は残りの1/5も補填してくれていました。
(東日本大震災のときは岡崎市も補填してくれるようになりましたが)

リーマンショックのときは、派遣労働者等が仕事を失うと同時に住む所も失うことが懸念されたため、離職後も住居を用意し続ける会社に対して「離職者住居支援給付金」という助成金が支給されました。


このように、補正予算が付いたり、法令・通達・運用が改正されることにより経済的支援が充実していく可能性がありますので、最新情報をチェックしましょう。
厚生労働省:平成28年熊本地震関連情報


では、次回は内部留保の話の続きです。

★これまでの連載はこちら
●「内部留保を賃上げ原資に」と言うけれど・・・(1)
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/300/
●消費税の仕組みをおさらいしよう
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/297/


2016年04月18日

ディザスタリカバリを考える

平成28年(2016年)熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

本業のかたわら、システム管理も任されている中小企業の総務の皆様、
この機会に、BCPで重要な部分を占める、ディザスタリカバリを考えてみてはいかがでしょうか?

コンピュータシステムのバックアップについて、中小企業でも安価に実現できる方策を考えるため、当社の事例をご紹介したいと思います。

当社では、以前から拠点間を結ぶWANがあり、各種サーバ類は愛知県岡崎市の本社に集中していました。
データのバックアップは本社でLTOというテープ装置でとり、本社内にテープを保管していました。

東日本大震災を契機に、
「本社が壊滅した場合、営業所だけでは何も出来なくなる。たとえLTOテープが残っていたとしても、復旧するためには、サーバ装置類を再調達して復元する必要があり、時間と労力が掛かりすぎる。」
ということに思い至り、2011年3月15日から、新たなバックアップ方法の検討を始めました。

当時、SIerから、「データセンターにサーバの丸ごとバックアップを取る」とか、「サーバを二重化してバックアップ機をデータセンターに置く」など、色々な提案をいただきましたが、中小企業にとっては、いつ起こるかわからない災害対策コストとしては高額すぎました。

全てのデータはファイルサーバに集中していたので、このデータだけでも安価に遠隔地に置いておけないか?と思って約1ヵ月後の4月18日に始めたのが次の方法です。

1.サーバにUSBハードディスクを接続:
2.データをUSBハードディスクにアクセス権付きでXCOPY
3.同じUSBハードディスクをもう1台作る:
4.余っていたWindowsXPノートパソコンにを接続して福岡営業所に送る
5.ノートパソコンを福岡営業所のネットワークに接続
6.データのバックアップを毎日にとる
7.毎週末、BAT処理でからに差分をコピーする

ノートパソコンはUPSが付いているのも同然なので、バックアップ機としてはデスクトップパソコンより優秀です。ただ古くて余っていたものなのでHDD容量が少なく、USBハードディスクを外付けしました。
Bのデータにもファイルサーバと同様にWindowsDomainの所有権・アクセス権をコピーしておけば、一般社員には見せられないファイルを覗き見されることもありません。
差分を1回送るのに、だいたい4時間半かかったので、毎晩やると通信会社に怒られるのでは?と思い、毎週日曜日の夜に1回だけにしてみました。

その後、馴染みのSIerのSEさんに「XCOPYよりROBOCOPYの方が使えるよ」と教えてもらって、ただの「差分コピー」から「フォルダの同期」に進化しました。

ここで残った問題は、当時まだオンプレミスで運用していたSFA基幹系のデータです。
とりあえず福岡にバックアップデータを送ったまでは良いのですが、福岡にサーバを置かなければ使えません。

そこで、次の段階は、色んなシステムのクラウド化です。

SFAは自社サーバのリースアップにともない、クラウドシステムに乗り換えました。
オンプレミスの保有・保守コストを考えると、全然元が取れます。
バックアップの心配もいりません。
社外からiPadでも使えるようになり、業務効率も向上しました。

派遣会社の基幹システムである給与計算は、本社で部門ごとにスタンドアロン機で計算していましたが、拠点でも計算できるようにクラウドシステムにバージョンアップしました。
おまけでマイナンバーのデータもクラウド上にセキュアに保管できるようになり、マイナンバー管理での追加投資を最小限に抑えることもできました。

クラウド技術の進展により、ほんの数年前には考えられなかったコストで、データをセキュアに社外の安全な場所に預けることができるようになりました。

拠点間接続のWANも、一昔前までは距離に応じて値段が決まる高額な専用線を引かなければならず、とても中小企業の手の届く存在ではありませんでしたが、インターネット技術の進展により、電話線を1本増やすくらいの感覚で実現できるようになりました。

福岡営業所のバックアップ用ノートパソコンは、WindowsXPからWindows7に変えましたが、これも余ったノートパソコンです。
ただ、Windows7にしてから、何も通信していないといつの間にかDomainとの接続が切れてしまい、気が付くと福岡にバックアップがとれてないという状況に陥りました。
そこは、やはりBAT処理。毎日一定時間に福岡から本社へ、本社から福岡へ、双方向に「起きてるよ」というテキストを書き込むBATを動かしたら、勝手に切れないようになりました。
根本的な解決にはなっていませんが、そこは中小企業のシステム管理者、お金を掛けずに、ちょっとした知恵でしのぐわけです。
DOSコマンド、BATファイル、タスクが使えるとシステム管理の幅が広がります。

当社の事例ですが、お困りの皆様のちょっとしたヒントになれば幸いです。

では、次回はExcel技に戻ります。

★これまでの連載はこちら
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の引算(2)
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/303/
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の引算(1)
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/299/
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の足算
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/296/


2016年04月11日

総務人事の役に立つExcel技:文字列の引算(2)

第3回目は 文字列の引算(2) です。

 前回は「姓 名」から「姓」を取り出しましたが、今回は「名」を取り出して見ましょう。

「姓 名」というデータから「名」を取り出すには3つの関数を使います。

・文字列の右から文字を取り出す関数:RIGHT
書式:=RIGHT(文字列,文字数)
・文字列の何文字目に探したい文字が入っているか調べる関数:SEARCH
書式:=SEARCH(探したい文字、探す対象、何文字目から探すか)
・文字列の長さを調べる関数:LEN
書式:=LEN(文字列)

前回同様、姓と名の間のスペースは半角か全角に統一しましょう。

「名」を取り出すには、RIGHT関数で右からスペースの後の文字を取り出せばよいのですが、何文字取り出せばよいでしょう?
「名」はスペースの後ろから始まるので、全体の文字数からスペースまでの文字数を引いた文字数ですね。
ここまで分かれば、これを数式に現すだけです。

姓名から名を取り出す
 あとはセルの右下の四角「フィルハンドル」を下にドラッグすれば、数式を下にコピーすることが出来ます。
 ノートパソコンのタッチパッドなどドラッグがやりにくい場合は、数式をコピーしたい範囲=上図でいうとC2からコピーしたいところまでを選択状態にしておいて、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら[D]を押しましょう。
「コントロール ダウン」と唱えながら押すと、魔法のように数式が下にコピーされます。

コントロール・ダウン
「コントロール ライト」と唱える、右にコピーする魔法[Ctrl]+[R]もあります。
 セルの選択範囲を広げる[Shift]+[矢印]とあわせれば、普段マウスを使う方もキーボードからマウスへ手を動かす手間が省けるので、細かいことですが生産性が上がりますし、ちょっと上級者っぽく見えます(笑)

 「文字列の足算」からはじめた連載なので、便宜上「引算」というタイトルにしましたが、「文字列の一部を取り出す」方法でした。

次回は、生年月日から年齢を計算するのに使う謎の関数 DATEDIF です。
なぜ「謎の関数」なのかは次回のお楽しみ。

では、総務人事担当者のお役に立てれば幸いです。

★これまでの連載はこちら
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の引算(1)
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/299/
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の足算
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/296/


2016年04月04日

派遣元の三六協定を確認しましょう

 新年度あけましたが、人事総務ご担当者の皆様、忙しい年度末を無事乗り越えられたでしょうか?

障害者雇用納付金の常用労働者数事前報告や一般事業主行動計画の届出など、企業規模によっては年度末までに新たに届出が必要になった書類がありましたが、間に合いましたか?

そんな中、多くの企業が4月1日から新年度のため、春闘と合わせて3月中に三六協定を結び、労働基準監督署に届出されたことと思います。三六協定は結ぶだけではダメで、監督署に届けて初めて効力を発揮する労使協定の一つです。

三六協定って?

三六協定の見直しが騒がれていますが、労働者派遣においては、現在でもご注意いただきたい問題があります。
それは、

1.派遣労働者の時間外労働は派遣元の三六協定に縛られる
2.労働時間管理は派遣先の責任なので、時間外労働の制限を超えて働かせると派遣先が罰せられる

という見過ごされがちな問題です。

労務管理がしっかりしていない派遣会社では、三六協定の締結自体がなされていない可能性もあります。そうなると、派遣労働者を1時間でも残業させただけでアウトです。
これは勿論、労働基準法第32条違反(6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)となりますが、三六協定の時間を超えて残業させた場合も32条違反です。
三六協定を結んで届出していれば、その限度時間までは32条等の労働時間規制を免れるだけなので、超えてしまうと違反になるわけです。

大きな会社様では、各現場の指揮命令者が派遣労働者の残業時間を管理するため、イントラネットに各派遣会社の三六協定を掲示してあるところもあります。

お早めに派遣元の新年度の三六協定を確認されることをお勧めします。


★参考までに、こちらもどうぞ
●労働者派遣法、政令?省令?指針?
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/295/
●改正派遣法:義務?配慮義務?努力義務?
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/298/


2016年04月01日

マーベラス新事業所開設のお知らせ

平成28年3月1日に障害福祉サービスの新事業所

就労継続支援B型事業所マーベラスII
共同生活援助事業所マーベラスホーム・マーベラスホームII

を愛知県岡崎市滝町にオープンしました。

これにともない、ホームページも刷新しましたので、
新事業所の詳細は、新しいホームページをご覧下さい。

http://www.trust-family.co.jp/mvls/

  • マーベラスNewホームページ マーベラスNewホームページ
  • マーベラスII マーベラスII
  • マーベラスホーム


このページのトップへ