2016年03月28日

「内部留保を賃上げ原資に」と言うけれど・・・(1)

 会社の通信簿である「決算書」の中の計算書類には主に次のようなものがあります。

貸借対照表(Balance Sheet 通称BS)
損益計算書(Profit and Loss statement 通称P/L)
キャッシュフロー計算書(Cash Flow statement 通称CF)

BSは会社の現在の体力を現し、その名の通り左右の合計額が一致します。
その「左右」とは何かを見るために、総資産10億円・資本金1億円で、次のようなBSの会社を考えてみましょう。

内部留保-総資産10億
会社の安全度合いを見る一つの指標「自己資本比率=純資産÷総資産」が40%の優良企業です。

さて、この会社の「内部留保」はいくらあるでしょう?
「内部留保」の定義は様々ありますが、概ね図の右下の利益剰余金3億円のことを指します。
この図の通り、会社は資産を全て現金で持っているわけではなく、売掛金(物を売ったけどまだ現金を受け取っていないもの)、在庫、ビル、工場、機械、車、土地など様々な形で保有しています。
BSは、会社設立から、借金して、設備投資して、借金返済して、黒字、赤字を繰り返した結果の現在までの蓄積です。
生まれてから、食事して、寝て、筋トレして、ランニングして、筋力や持久力を鍛えてきた「現在の体力」というわけです。

会社の活動の内、内部留保を増減させるものは、非常に単純化して言うと、

  内部留保が増える=黒字で利益が残った

  内部留保が減る=役員賞与・配当金を払った 又は 赤字になった

だけしかありません。

給料を上げるために内部留保を吐き出せ」という議論は、

  内部留保=会社が溜め込んでいるお金

という誤解に、利益=現金という誤解を重ねて出てきたものですが、図の通り純資産は資産と負債の差額でしかなく内部留保は純資産から資本金を引いたもので、会社が持っている現金とは対応していません

では、左派はもとより政権筋からも言及される「内部留保を減らして賃上げに使う」ためにはどうしたらよいでしょうか?

続きは次回。

★参考までに、こちらもどうぞ
●消費税の仕組みをおさらいしよう
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/297/


2016年03月21日

総務人事の役に立つExcel技:文字列の引算(1)

第2回目は 文字列の引算 です。

 前回は「姓」と「名」を足算して「姓 名」をつくりましたが、今回は逆に「姓 名」から「姓」を取り出してみましょう。

「姓 名」というデータから「姓」を取り出すには2つの関数を使います。
・文字列の左から文字を取り出す関数:LEFT
書式:=LEFT(文字列、文字数)
・文字列の何文字目に探したい文字が入っているか調べる関数:SEARCH
書式:=SEARCH(探したい文字、探す対象、何文字目から探すか)

 まず「姓」を取り出す前に、姓名の間のスペースを統一しましょう。スペースに全角と半角が混じっているとSEARCH関数でうまく探せません。(間にスペースが入っていないと、残念ながら今回の業は使えません(^_^;))
対象の列を選択しておいて、「置換」を使って「検索する文字列」に半角スペース、「置換後の文字列」に全角スペースを入れて「すべて置換」を押すと、全て全角スペースに統一されます。全角・半角を逆にすれば半角に統一されます。

Excel検索と置換
さて、では「姓」を取り出してみましょう。
LEFT関数でスペースの前の文字まで取り出せばよいので、こうなります。

Excel姓名から姓を取り出す
この数式を言葉で書くと、
「セルA2の一文字目から何文字目にスペースが入っているか数えて、そのスペースの一つ前までの文字を左から取り出す。」
という意味になっています。

では、総務人事担当者のお役に立てれば幸いです。
次回は「姓 名」のデータから「名」を取り出す方法です。

★前回は、こちら
●総務人事の役に立つExcel技:文字列の足算
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/296/


2016年03月14日

改正派遣法:義務?配慮義務?努力義務?

法令に書かれている「義務」には3種類あります。

義務:しなければならない。
配慮義務:配慮しなければならない。
努力義務:努めなければならない。

義務」を怠ると「義務違反」で、指導・助言・勧告・命令の対象になり、さらに違反を重ねるなど悪質な場合は罰金又は懲役刑までありえます。
平成27年9月改正派遣法であらたに派遣先の義務となったもので、巷間よく語られている派遣可能期間関連以外では次のようなものがあります。

正社員の募集情報の提供義務(法第40条の5第1項)
 派遣先は、次の派遣労働者に対して、派遣先事業所の「正社員」の募集情報を周知しなければならない。
 ・対象となる派遣労働者
  ・同一の「事業所」で1年以上継続して就労している派遣労働者
  ・有期雇用派遣労働者だけでなく無期雇用の者も対象

労働者の募集情報の提供義務(法第40条の5第2項)
 派遣先は、次の派遣労働者に対して、「正社員に限らず」派遣先事業所の労働者の募集情報を周知しなければならない。
 ・対象となる派遣労働者(次の3つを全て満たす者)
  ・有期雇用派遣労働者
  ・同一の「組織単位」の業務を継続して3年間就労する見込みがある
  ・派遣元事業主から直接雇用の依頼がある


努力義務」は、法的拘束力も罰則も無く、どの程度守るかは当事者次第です。ただし、「努力する義務」ですから、「罰則が無いなら努力もしない」というのはいかがなものかと思います。

優先雇用の努力義務(法第40条の4)
 派遣先は、次の3つをすべて満たす場合、当該派遣労働者を遅滞無く雇い入れるよう努めなければならない。
 ・同一の組織単位に1年以上継続して従事した有期雇用派遣労働者
 ・派遣元事業主から直接雇用の依頼がある
 ・派遣終了後にその業務に労働者を雇い入れようとしている


では「配慮義務」とは何でしょうか?
言葉の通り「配慮する義務がある」ということで、義務を履行するために何らかの措置・対応を取る必要があります。
これを怠ると、指導・助言・勧告等の対象にもなりえます。

福利厚生施設の利用に関する配慮義務(法第40条第3項)
 派遣先は、派遣先の労働者が利用する以下の福利厚生施設については、派遣労働者にも利用の機会を与えるように配慮しなければならない。
 ・対象施設:給食施設・休憩室・更衣室

ということで、

 義務>配慮義務>努力義務

ということが、ご理解いただけたでしょうか?

今回の内容について、詳しくは
労働者派遣事業関係業務取扱要領 第8 P238~
(要領の改訂によりページ数は前後する場合があります)


★参考までに、こちらもどうぞ
●労働者派遣法、政令?省令?指針?
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/295/


2016年03月07日

消費税の仕組みをおさらいしましょう

 消費税は、来年平成29年4月に8%から10%に増税される予定です。
(選挙対策で、再び先送りされる可能性は残っていますが)
食料品等に対する「軽減税率」という言葉は、あたかも税金が安くなるような印象を与えますが、あくまでも「据え置き」です。

 消費税の仕組みについて、既にご存知の方も、新しく購買担当になられた方も、基本を押さえておきましょう。
消費税は、「消費者が負担する税金」で、生産・販売過程にある会社は消費税を預って消費者の代わりに納税しているに過ぎません。

 話を単純化するために、生産から消費までを2段階として、原価以外の経費を除外すると、次の図のようになります。

消費税の仕組み

生産・販売過程にある会社は、消費税によって損も得もしていません。
※簡易課税などで発生する「益税」という例外は存在します。
みずほ総研:「消費税」導入の経緯と益税問題(PDFファイル)

では、本体価格10万円の物を仕入れて売る場合、消費税が8%から10%に上がると、消費者の支払う金額と販売会社の利益はどうなるでしょう。

消費税増税による販売価格と利益の変化

消費者の支払う金額は2%分だけ増えますが、販売会社の利益は変わりません。
「仕入れ価格が増えると利益が減る」というのは誤解です。

ただし、販売価格が上がるので、販売量が減ってしまう可能性はあります。
そこで、販売減対策として販売価格を108,000円据え置きたいために、下請の納入価格を税込で増税前と同額に抑えたいというインセンティブが働きます。
しかしながらそれは、たとえ自らの利益も減っていたとしても、消費税転嫁対策特別措置法に定める「買いたたき」に該当し、違法になりますので注意しましょう。

公正取引委員会のホームページには、買いたたき等で勧告を受けた会社の社名が多数公表されています。かなり名の知れた企業も勧告を受けています。購買担当者の誤解・思い込みによる「買いたたき」が社名を傷つけることにもなりかねませんので、正しい理解を深めることが重要です。

公正取引委員会:消費税転嫁対策コーナー


2016年02月29日

総務人事の役に立つExcel技:文字列の足算

今回から、大量のデータを取り扱うことが多い総務人事担当者のために、知っておくと便利なExcelの関数などをご紹介していきます。

第1回目は 文字列の足算 です。

「姓」と「名」が分かれている人事データを、「姓名」に変換するとき、皆さんどうやっていますか?
数値を足す場合に「+」を使うのは常識ですが、文字列の足算=文字列を連結するときは「&」を使います。

Excelで文字列を足算 連結

姓と名の間にスペースを入れたい場合は、
 =A2&” ”&B2
と、文字列をあらわすダブルクォーテーションでスペースを挟み、&で連結しましょう。

いかがでしたか?1回目は関数以前の問題でした。
今日はこれくらいで、と思いましたが、もう一つTipsを。

人事データベースなどから取り出したCSVデータをExcelに取り込んだとき、セルの表示形式が「文字列」に設定されてしまうことがあります。この列の右側に列を挿入すると(上の図でC列に例えば「性別」が入っていて、B列とC列の間に1列挿入して「姓名」欄を作るような場合)、挿入した列も文字列に設定され、数式を入れても数式がそのまま文字列として保存されるため計算が行なわれません。そんなときは挿入した列のセルの表示形式を「標準」に変更しましょう。

では、総務人事担当者のお役に立てれば幸いです。
次回は「姓 名」のデータから「姓」を取り出す方法です。



このページのトップへ