2016年08月01日

最低賃金制度の決まり方

先週、ニュースを見ていて、最低賃金が24円上がることが決定したかのような報道のされ方で、びっくりしました。

「3%」「過去最大24円」と、威勢のいい見出しが躍っていて、町のスーパーの経営者に「パートの時給を24円も上げたらどうなりますか?」なんてインタビューしてみたり。。。
(東京の引き上げ目安は25円なのに)

最低賃金は次のような手順で決まります。

1.中央最低賃金審議会目安に関する小委員会が都道府県ランクごとの改定額の目安を示す。

2.中央最低賃金審議会が厚生労働大臣に改定額の目安を答申。

先週の動きはここまでです。

3.各都道府県ごとの地方最低賃金審議会で審議・答申

4.各都道府県労働局長が答申の要旨を公示、労働者・使用者からの異議申出を受付

5.各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定

毎年だいたい10月初旬に各地域の最低賃金が改定されます。


ちなみに、昨年平成27年度の目安の答申は、平均18円でした。

平成27年度地域別最低賃金額改定の目安について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000092874.html

ほとんどの地域は示された目安どおりか、高い額に決定しましたが、唯一神奈川県は目安19円に対して1円安い18円になりました。
愛知県は19円の目安に対して、1円高い20円の改訂幅に決定し、最低賃金は820円となりました。
つまり、最初に示された目安どおりには決まらないということです。

今年、愛知県は25円の目安ですが、果たしてどうなるでしょう?


厚生労働省:最低賃金制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/chingin/minimum/minimum-01.html

中央最低賃金審議会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-tingin.html?tid=127939

中央最低賃金審議会 (目安に関する小委員会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-tingin.html?tid=127941


★参考までに、こちらもどうぞ
●愛知県の外国人雇用特区構想
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/310/
●派遣の休業補償を考える
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/307/
●被災従業員の休業補償を考える
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/305/
●派遣元の三六協定を確認しましょう
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/301/
●改正派遣法:義務?配慮義務?努力義務?
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/298/
●労働者派遣法、政令?省令?指針?
http://www.trust-family.co.jp/wgs/blog/v/295/



このページのトップへ